座るために必要な筋活動

今回は座るために必要な筋活動をまとめていきます。 急性期では、座位保持というテーマはとても重要になります。 予後予測を行う上で、体幹の評価が予後が良好になるという因子に含まれています。 これが改善するかどうかはとても大切だと思われます。 唐突…

身体を前屈したら腰痛がある人はなぜか?

腰を前に曲げると腰痛が出現する人がいるかと思います。 その人は屈曲型の腰痛というそうです。 その人がなぜ腰が痛いのか?その理由について、まとめていきたいと思います。 僕が調べたところ、痛みの原因となる組織は、 椎間関節 椎間板 軟部組織(筋性・筋…

失行について②

今回も失行についてまとめていきたいと思います。 前回まとめたのは失行の定義とLieapmannについてだったと思います。 www.rihayama.com 今回は、失行という概念を整理していきたいと思います。 結論から言うと‥ 今のところ日本と海外では、apraxiaの範疇が…

足関節背屈制限 ~長母趾屈筋~

前回は、脂肪組織について足関節の背屈を見ました。 今回は長母趾屈筋(FHL)がどのように足関節の背屈に影響を与えるのかをまとめていきます。 足関節の背屈制限がある場合、一番最初に思い浮かべるのは、ヒラメ筋・腓腹筋の制限ではないでしょうか? 私もそ…

足関節背屈制限 ~Kager's fat pad~

最近、徒手的に操作をするときに本当に狙っている筋を動かしているのかとても疑問がありました。 そんな中で、超音波エコーも使いながら仮説・検証するセミナーを見ました。 自分の中でこれだと思いました!! 機能解剖として立体的にみれたら、もっと触診の…

高次脳機能障害について 

高次脳機能障害について簡単にまとめてみました。 前回失行について簡単に述べましたが、今回は高次脳機能全般についてです。 以前一部を新人研修に使いましたが、あとで見返してみると結構見やすかったので、もう一度復習したいと思います。 そもそも高次脳…

失行について

今日は、失行とは何なのかまとめていきたいと思います。 失行とは? 文献上は、 学習(習慣化)された意図的運動が遂行できない状態と定義されている。 以下の条件は除きます。 ・運動麻痺や失調、不随意運動などの運動機能障害 ・聴覚、体性感覚などの要素的…