筋・筋膜性腰痛の発生メカニズムと対処法

今回は筋・筋膜性腰痛の発生とメカニズムと対処法についてまとめていきます。

 

f:id:Rihayama:20210426225918j:plain

 

前回は、筋・筋膜性腰痛が何かまとめていきました。

 

 

www.rihayama.com

 

 

そのメカニズムに関しては、

 

不安定な脊柱を支持して安定した運動を行うためには、体幹筋群の筋力のみならず、その収縮のタイミングが調整された精緻な活動パターンが必要となります。

 

そのため、体幹筋の機能低下によって、以下の問題が発生します。

 

 

1.筋・筋膜(fascia)の繊維化・滑走障害➡MPS発症(筋・筋膜性腰痛)

 

2.過大な牽引力による損傷や障害➡筋付着部症・体幹の肉離れ・裂離骨折を発症

 

3.胸腰筋膜の牽引力低下➡腰椎の文節的不安定性を招き、椎間関節障害椎間板障害などを発症

 

4.骨盤付着筋群の牽引力不足・協調性➡骨盤輪の不安定性を招き、仙腸関節障害や骨盤股関節障害を発症

 

 

例を出してみます。

 

うつ伏せで股関節を伸展させる動作を行うとします。その時には大殿筋とハムストリングスが主に活動します。

しかし、人によっては、脊柱起立筋を用いて、代償動作として骨盤の前傾運動により下肢を挙上させる戦略をとることがあります。

 

これは、prone hip extension testでわかるかと思います。


そのような動作を繰り返していると脊柱起立筋の過活動が生じ、筋痛や付着部障害を招くということになります。

 

この場合の対処法として、腹横筋の収縮を使ってドローインをすることで脊柱起立筋の活動を抑制することができる。


そして、研究でも大殿筋の筋活動が上がることが示されています。

 

そのため、腹横筋の活動を促進されることでよりよい筋の使い方を促すことができます。

 

しかし、これが、代償動作を繰り返すことで‥‥

 

筋・筋膜性腰痛や付着部障害を引き起こします。

同時に骨盤の不安定性が椎間関節障害・椎間板障害・仙腸関節障害を招くことになり、
またハムストリングスの遠心性収縮をが生じ、脊柱起立筋と同様に座骨付着部症や筋障害を引き起こすことになります。

 

そのため、対処方法と重要なのは

  1. 適切なmotor control
  2. 脊柱の後弯アライメントを修正
  3. 骨盤・股関節・膝関節の可動性の維持
  4. 脊柱起立筋の筋持久力を向上

が必要になります。

 

このように病態を理解して、何をしなければいけないのかが見えてきます。

 

ただドローインをすればよいのではなく、このようにメカニズムと一緒に説明できれば説得力が違います。

 

 

そして、この背景を知れば、治療をして治らなければ、違う仮説を立てることができるのです。そうするとやることがどんどん明確になっていきます。

 

病態の背景を知ることはとても必要な作業になることが理解できます。