肘関節の後方脂肪体について~超音波エコーから運動療法を考える~

今回は、肘関節の後方脂肪体について調べてみました。

 

関節可動域制限の1つの要因であることがわかりました。筋や靭帯の問題だけではなく選択肢の一つとして考えていく必要があります。

 

脂肪体は、他にも色々な場所にあり、これが動いているかどうか視覚的に確認するにはやはりエコーは重要だと思った今日この頃です。

 

  • 後方脂肪体

まずは、脂肪体周辺の解剖です。

 

f:id:Rihayama:20211027173628p:plain

 

後方の脂肪体が硬くなったり、動かなくなると肘関節伸展の可動域制限や痛みに繋がっていきます。

 

  • 上腕三頭筋

上腕三頭筋の関係もみなければ、ならないので解剖をチェックします。

 

f:id:Rihayama:20211027180814p:plainf:id:Rihayama:20211027180522p:plain

①長頭:

起始:肩甲骨(関節下結節)

停止:尺骨の肘頭

 

②内側頭

起始:上腕骨の後面、内側筋間中隔

停止:尺骨の肘頭

 

③外側頭

起始:上腕骨の後面、上腕骨の外側上顆

停止:尺骨の肘頭

作用:肘関節の伸展、長頭は上腕の後方挙上と内転

肘関節の伸展と安定

 

ここで重要なのは、内側頭です。

 

  • 超音波エコーの画像は?

 

f:id:Rihayama:20211027181324p:plain

肘関節が屈曲から伸展になったときに、脂肪体がニュルっとでてくることが分かります。

 

この運動のイメージはインピンジメントを考える上で重要です。

 

  • インピンジメントとは?

肘頭の進入に伴い背側近位へ移動すべき脂肪体が、何らかの原因により移動できない状況となります。

 

原因としては、後方脂肪体が背側近位へ移動できない状態にあることが多いようです。

 

すなわち上腕三頭筋内側頭の硬さや癒着が移動スペースを閉鎖してしまうことで、後方脂肪体の移動が制限され、後方のインピンジメントが生じてしまいます。

 

  • 運動療法は?

①脂肪体の問題かどうかを確認します。

脂肪体の硬さを確認して、硬いと判断した場合は柔らかくする必要があります。

 

②移動経路を広げる。

そのためには、上腕三頭筋内側頭の柔軟性の改善と癒着剥離になります。

後方の関節包ごと直接近位へ引き込ませることや内側頭の収縮前に内側頭を上腕骨から引き上げる操作が必要になります。

またエクササイズとしても内側頭の自動運動収縮運動が必要になります。

 

 

簡単にまとめてみましたが、エコーと運動療法を絡ませると機能解剖学の勉強になり、とても面白いです。